2019年1月、東京中野の「江古田の杜」で始まりました

 

    日本の近代批評の創始者・確立者として大きな足跡を残した小林秀雄氏(1902~1983)は、深い思索と気風(きっぷ)のよい文章で人生の教師としても仰がれ慕われました。その小林氏の主要な作品を順次取り上げ、氏とともに人生を読み味わっていきます。

    この集いは、新潮社の元編集者で、小林氏の生前最後の担当編集者として氏の肉声を聴き続けた池田雅延氏を講師として毎月1回ひらかれ、月々1篇ずつ小林氏の作品を読んでいきます。 

 これまでに読んだ作品については、上欄の「これまでの講義」をクリックしてみて下さい。

 

小林秀雄と人生を読む夕べ オンライン lecoda ご案内

(Zoomを利用したオンライン講義です)

●2021年5月20日(木)【小林秀雄と作家たち その1】

「芥川龍之介の美神と宿命」(「小林秀雄全作品」第1集所収)

 今回取り上げる「芥川龍之介の美神と宿命」は、昭和2年(1927)9月、芥川が自殺した7月24日の翌々月に発表された作品です。その2年後、小林氏は「様々なる意匠」を書いて雑誌『改造』の懸賞評論二席に入り、勇ましく文壇に打って出ますが、氏はそこでも「作家の宿命」ということを強く言い、以後、氏の仕事は詩人であれ画家であれ作曲家であれ、彼らの「宿命」を逸早く見出してそれぞれの「宿命」と話しこむ、そういう姿勢で貫かれます。そこで今回は、その「宿命」という言葉に注目します。
 ただし、「芥川龍之介の美神と宿命」を書いた年、小林氏は25歳でした、そのため文章自体は若書きそのもので難解です、したがって、ここで言われていることを無理にもわかろうとする必要はありません。氏は文中で、たとえば「芥川氏にとって人生とは彼の神経の函数としてのみ存在した」と言っています。この「神経」を頭において芥川の作品を「鼻」から「歯車」へといくつか読み返せば、小林氏の言う「芥川の宿命」がおのずと感じられてきます。芥川の作品がいっそう面白くなります。
 講師 池田 雅延

●2021年4~9月のご案内【小林秀雄と作家たち その1】

 私たちの「小林秀雄と人生を読む夕べ」は、2019年1月以来、回を重ねてきましたが、来たる4月15日(木)、新シリーズ<小林秀雄と作家たち その1>の幕を開けます。全6回のプログラムは次のとおりです。

 4月15日(木) 中原中也の思い出

       (『小林秀雄全作品』第17集所収)  

 5月20日(木) 芥川龍之介の美神と宿命

       (同第1集所収) 

 6月17日(木) 志賀直哉

       (同第1集所収) 

 7月15日(木) 菊池寛論(同第9集所収)

       菊池寛(同第21集所収)

 8月19日(木) 正宗白鳥(同第3集所収)

       正宗白鳥の作について(同別巻2所収)

 9月16日(木) 「罪と罰」についてⅠ(同第5集所収)

               同Ⅱ(同第16集所収)

当日のスケジュール:19:20~20:50】

    

   ●プレトーク 18:40~19:10

   (自由参加・小林秀雄氏に関わるご質問にお答えします)

   ●休   憩 19:10~19:20  

   ●講   義 19:20~20:50 

【参加費:一般2,000円、学生1,000円】     

 

【お申込み方法】

 

① ホームページの一番下「お申込み/お問合せ」欄より、または、

  manebiya.lecoda@gmail.com 宛にメールをご送信下さい。

 

  タイトルに「受講希望」と記し、ご希望の日程と、

  お名前(必須)とメールアドレス(必須)を明記して下さい。

② 参加申込みの受付後、参加費の振込み口座をお知らせします。

  その口座に参加費(一般2,000円、学生1,000円)を

  開催日(木曜)の2日前(火曜)までにお振込み下さい。

③ 参加費の振込が確認できた方に、

  後日、Zoomミーティング専用URL、ID、パスワードと、

  ミーティング入場方法を記した招待メールをお送りします。

小林先生写真.jpg

小林秀雄(こばやし・ひでお)

明治35年(1902)4月、東京に生れる。昭和4年(1929)27歳の夏、「様々なる意匠」によって文壇にデビュー、以来ほぼ半世紀、本の近代批評の創始者、確立者として歩み続けた。昭和42年11月、文化勲章受章。昭和58年3月死去、80歳。

 

​開催概要

※下記の開催概要は、今後また「江古田の杜リブインラボ」の会場にて開催されるようになった場合のものとなっております。

● 開催時間

毎月第3木曜日  19:00〜20:30

  *開 場 18:30

(18:30〜19:00はプレトークタイムとし、 池田講師が小林秀雄に関わるご質問にお答えします)

  *茶話会 20:45~21:45 

(講座終了後、会場近くのカジュアルレストランで茶話会を催します)

 

● 会場

江古田の杜リブインラボ 多目的ルーム 

東京都中野区江古田3-14-1

 http://www.pm-egota.com/livinlabo/other.html

                 

● アクセス

1)都営大江戸線新江古田駅から

・徒歩 約10分

・関東バス 中41中野駅行 新江古田駅→江古田区民活動センター(2分)+徒歩3分

2)JR線中野駅から

・関東バス 中25練馬駅行/中27江古田の森行

 中野駅北口のりば1→合同住宅前(20分)+徒歩1分

● 講座参加費 

一般2,000円、学生1,000円

 ※各回、会場で申し受けます。

● 茶話会(懇親会・自由参加)

・会場―江古田の杜リブインラボ1階「えごたnoMA」

・時間帯―20:45〜21:45

参加費―1,000円

 ※ビール、ウーロン茶と軽いオードブルはスタッフが適宜に用意します。

  追加をご希望の方は、各自で食券ご購入の上ご注文ください。

 

● お申込み方法

【ホームページご利用の場合】

 このホームページの一番下の「お申込み/お問合せ」欄に、下記をご記入ください。

 (1)お名前(必須)

 (2)メールアドレス(必須)

 (3)電話番号(任意)

 (4)本文(下記①②③のパターンでご記入ください)

    ①●月■日 講座と茶話会希望

    ②●月■日 講座のみ希望

    ③●月■日 講座希望・茶話会は未定

   ※①や②で申込まれた方で、ご予定が変わる場合もあるかと思います。

    キャンセル連絡は前日の17:00頃までにお願いします。

   ※③の方もご予定がわかり次第お知らせいただければ幸いです。

   

【事務局宛メールをご利用の場合】

 manebiya.lecoda@gmail.com まで上記と同じ内容をお知らせください。

 キャンセルの場合、上記※印と同じくメール連絡をお願いします。

● 問合せ先   

   manebiya.lecoda@gmail.com (メール受付のみ)

● 主 催

小林秀雄に学ぶ塾in東京

(略称:L’ecoda≪レコダ≫/まねび舎≪まねびや≫/學秀塾)

52599033_800608596963763_504791983802286

講師 池田 雅延(いけだ・まさのぶ)

昭和45年(1970)、新潮社に入り、46年以降、書籍編集担当者として小林秀雄の肉声を聞き続ける。52年、「本居宣長」を刊行、小林秀雄の没後も第5次の「小林秀雄全集」、第6次の全集「小林秀雄全作品」(新字体新仮名づかい、脚注付)を編集・刊行した。

 

スケジュール

毎月第3木曜日に開催しています。

2021年

 1月21日(木) 信ずることと知ること

       (「小林秀雄全作品」第26集所収)

 2月18日(木) 文化について

       (同第第17集所収)

 3月18日(木) 常識について

       (「同第第25集所収)

 4月15日(木) 中原中也の思い出

       (同第第17集所収)  

 5月20日(木) 芥川龍之介の美神と宿命

       (同第1集所収) 

 6月17日(木) 志賀直哉

       (同第1集所収) 

 7月15日(木) 菊池寛論(同第9集所収)

       菊池寛(同第21集所収)

 8月19日(木) 正宗白鳥(同第3集所収)

       正宗白鳥の作について(同別巻2所収)

 9月16日(木) 「罪と罰」についてⅠ(同第5集所収)

               同Ⅱ(同第16集所収)

 10月21日(木)  

 11月18日(木) 

 12月16日(木)  

  ※10月以降の予定は決まり次第、掲載いたします。

  ※予定が変更になる場合はそのつどお知らせいたします。

 

   会場への道順

 

≪JR線 中野駅をご利用の方≫

・北口改札を出て左手のエスカレーターを利用

・右手に見える白いビル「中野サンプラザ」の前のバス停1番のりばで関東バス「中27江古田の森行」もしくは「中25練馬駅行」(いずれも「総合東京病院」経由)に乗車

・約20分でバス停「合同住宅前」、ここで下車(これより手前にある「江古田住宅」ではないのでご注意)

・バスの進行方向右手に白いマンション群、その方向に徒歩約1分

・右手「ファミリーマート」の階上です

 

≪都営大江戸線 新江古田駅をご利用の方≫

1 徒歩の場合 所要時間約10分

・改札口から地上に出、目白通りを渡って直進

・最初の信号地点で道が3本に岐れる、その3本の真ん中を直進

・約200mで左手にバス停「江古田区民活動センター」

・その約20m先を右折、約10mで「江古田憩い橋」

・「憩い橋」を渡ってゆるやかな坂を約50m登り、左折

・左手「ファミリーマート」の階上です

 

2 関東バスを利用の場合 所要時間約5分

・出口左手にあるバス停「新江古田駅」で「中41中野駅行」に乗車

・次のバス停「江古田区民活動センター」で下車

・バス停の約20m先を右折、約10mで「江古田憩い橋」

・「憩い橋」を渡ってゆるやかな坂を約50m登り、左折

・左手「ファミリーマート」の階上です

 

お申込み/お問合せ

メッセージを送信しました